暑い日が続きますね。

今日は土用の丑の日ですが、養殖に使うウナギの稚魚が不漁だそうで、なんでも絶滅危惧を唱える方もいらっしゃるとか。
まぁ、実際に絶滅に瀕しているかどうかは、数年様子を見ないとわからないとは思いますが、わかったときには遅いというのはよくある話。
特に、ウナギの稚魚は日本が乱獲している様子(というか世界のアチコチで乱獲して日本へ輸出しているらしー)なので、ちょっと心配ですね。

クロマグロやクジラは、絶滅危惧されつつも一説によるとちっとも数は減っていないとも言われており、現にクジラなどは増えすぎているとも言われ、よく客船と衝突したりしていますね。
その点、ウナギ稚魚は実際に漁獲量が目に見えて減っており、本当に危ないんじゃないかと言われてます。
スーパーのウナギ売場なんか見ると、いかにウナギを乱獲しているかというのが伝わってきます。

で、思うんですが、「土用の丑の日」ってウナギ食べなくていいんじゃないかって話です。
よく言われている、平賀某と魚屋が結託して旬でもないウナギを売ろうっていう、バレンタインデーのチョコレートと同じ、根拠のないでっち上げ商法(笑)だというのが本当だとすれば、なんで数が減っているウナギを乱獲してまで食べる必要があるでしょうか。

「丑」は当然「鰻」ではなく「牛」ですから、当時、牛肉を食べる習慣があればもちろんウナギなんかではなく、牛肉を食べるのが正しいはずですし、口蹄疫で打撃を受けた畜産農家を応援する意味でも、ここはひとつ・・・

土用の丑の日は牛肉を食べる

のが現代の日本的に正しいのではないかと。

ウナギの繁殖メカニズムも少しずつ解明されてきていますし、完全養殖のテストにも成功したというニュースが先日ありました。
ウナギを本当に愛するなら、それらが軌道に乗るまで、もう少し待ってみてはどうでしょうか。

キュージョン根付ストラップ(天才バカボン/ウナギイヌ)キュージョン根付ストラップ(天才バカボン/ウナギイヌ)
販売元:キュージョン
クチコミを見る