たろるんはBSE騒動以来アメリカ牛は避けるポリシーを通しているので、オーストラリア牛とニュージーランド牛しか使用していない「すき家」を愛用してたんですが、最近すき家ではメキシコ牛も使用するようになりました。

メキシコはご存知のとおりアメリカのお隣で陸続きなので、そんなに安全ではない気がするし、それについては前農林水産大臣も「アメリカ牛がメキシコを迂回して輸入されてるおそれがある」と言及しています(ぐぐれば出てくるはず)。
なので、たろるん的にはメキシコ牛はアメリカ牛と同様に(可能な限り)回避しています。(個人的にやってるだけなので、他の人は気にしないでくださいな。 いや、気にして賛同してくれる方がいれば、それはそれでいいか。)

すき家がメキシコ牛を使うのは、それはそれで構わないのですが、すき家のサイトにオージービーフマークと、ニュージーランドビーフマークが貼ってあるのが気になるんですよね。
安全が売りのオージービーフマークとニュージーランドビーフマーク、確かにオージービーフもニュージーランドビーフも使ってるんだから貼ってもよい気もしますけど、よく考えるとなんか違う気がします。
せっかく安全が売りなのに他の産地の牛肉と混ぜて販売して、マークをこれみよがしに貼るのは、違法や違反ではないとしてもマークの使い方として正しいのかなぁと。

オージービーフの組合はどう思ってるんでしょうね?
「他の産地のは混ぜてませんよ」ってな意味合いで使って欲しいんじゃないかと思ってるんですが。
合い挽きミンチに「牛肉」と書いたシールを貼って売ってるような気がするのはたろるんだけ?
いくら文章で「メキシコ産を使用してる」と明記してあっても、マーク見て勘違いする人もいそうな気がするんですケド・・・。

じゃあ、オージービーフマークって何のためにあるの?ってことになりませんか?
そこんとこ、どうなんでしょうねぇ(´・ω・`)

だから、アメリカの牛肉は危ない!──北米精肉産業、恐怖の実態だから、アメリカの牛肉は危ない!──北米精肉産業、恐怖の実態
著者:ドナルド・スタル
河出書房新社(2004-08-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る