ずっと前に、カシオのCDレーベルプリンターを使っている話をこのブログでしましたが、やっぱり白黒じゃさみしいってんで、今はブラザーのMyMioを使っています。

決して、名前で選んだんじゃありません。
もう一度言います、名前が気に入ったから使っているんじゃありません。

で、色々と便利なので結構気に入って使ってるんですが、以前インク切れを起こしまして、インクカートリッジ4色セット(CMYK)をアマゾンで買いました。
全部一度に交換すればいいのに、スケベ根性出して、切れたインクから順番に交換していったのです。

まず、CMYのどれかが切れました、交換しました。
次に、CMYの残り2つのどちらかが切れました、交換しました。
そして、CMYの最後の1つが切れました、交換しました。

書類を主に印刷する人はK(黒)がすぐに無くなるのですが、たろるんの用途は主に焼いたBD-Rのレーベル印刷なので、ほとんどがカラー(しかもなぜか肌色系が多い、なぜだろうwww)なので、黒が最後まで減らずにのこっていました。

そのまま使っていると、「インクカートリッジが残り少なくなりました、交換してください」みたいなメッセージが出始めました。
とうぜん、スケベ根性満載のたろるんは、「いやいや、切れて印刷できなくなってから交換するぞ」と企み、交換せずにひっぱりました。

しかし、1ヶ月たっても2ヶ月たっても同じメッセージが出るだけで、一向にKインクが切れるそぶりがありません。
あまりに謎なので、ステータス表示でインク残量を表示してみてびっくり!

CMYK全部なくなってるではありませんか!

プリンタに詳しい方は、ここまで書けばピンとくるはず。
そうです、頭いいプリンタはK(黒)インクが無くなると、C、M、Yの3色を混合して黒にして使ってくれるのデスorz
それを知らずに使っていたたろるんは、せっかくのCMYのカラーインクで延々黒を印刷していたのでした。

慌ててまたインクカートリッジセットを注文しました。
今度はすべて一度に交換します^^;

あ、安物の染料を使った互換インクが色々安価に出てますね。
毎日プリンタ使う人は、まぁ使っても大丈夫かもしれませんが、時々しか使わない人は避けたほうがよいデスよ。
安物染料は、しばらく使わないとパイプ詰まりを起こすそうです。


Brother インクカートリッジ お徳用4色パック LC12-4PK
Brother インクカートリッジ お徳用4色パック LC12-4PK [Personal Computers]